ファスティングの置き換えに良いと人気の酵素ドリンクのコンブチャクレンズ

デメリットはあるのでしょうか?

 

調べていきたいと思います。

 

 

コンブチャクレンズのデメリットとは

 

コンブチャクレンズは2つのプレミアム酵母菌や220種類以上の酵素、乳酸菌、L−シトルリンなどが主要成分で、身体に悪いものは入っていません。

 

しかし、ファスティングの際にコンブチャクレンズを飲んで、頭痛や吐き気、下痢や便秘、倦怠感やニキビがあらわれたといううわさがあります。

 

これはデメリットといえますね。

 

しかし、よく調べてみるとこれらの症状はファスティングという行為そのものによる変化だということなんです。

 

ファスティングをすると、塩分が不足し頭痛が起こると聞いたことがあります。

 

また、コンブチャクレンズに含まれる2つのプレミアム酵母菌は、排出リフレッシュ系のトルラ酵母菌と炭水化物や脂質、糖質をえさに発酵するというパン酵母菌です。

 

また乳酸菌は腸内環境を整えますし、酵素は消化系です。

 

またL-シトルリンは燃焼と排出力で話題のアミノ酸なのです。

 

これらを摂取すればデトックス効果があらわれることはごく自然なことですね。

 

ですからもともと便のゆるい人は下痢になったりすることもあります。

 

これらの一見すると副作用であったりデメリットであると考えられることは、ファスティングの好転反応だととらえることができるのです。

 

ですから、デメリットであっても、体の中からきれいになっていく際の変化だと思われるのです。

 

 

コンブチャクレンズのメリットは

 

コンブチャクレンズに配合された2つのプレミアム酵母菌や220種類の酵素、乳酸菌、L−シトルリンなどの成分が体の中の毒素や老廃物を排出してきれいにしてくれます。

 

その他にコンブチャクレンズには妊活に良いビタミンの葉酸やリンゴ酢、たんぱく質や脂質の代謝をサポートするビタミンB群などが入っていて、健康にもよいというのがコンブチャクレンズのメリットです。

 

アメリカのハリウッドスターやモデル、日本の女優の山田優さんやタレントの大石絵理さん、今井華さんたちが飲んでいるというのも納得ですね!

 

またカフェインや合成甘味料、着色料、アルコールなどが無添加なのもいいですね。

 

保存料は入っていて、2000年にWHOが安全だと認めている安息香酸ナトリウムが超微量ですが入っています。

 

この保存料はファンタグレープやリポビタンD、レッドブルなどにも普通に使っているものなので安心ですし、何より、コンブチャクレンズが健康的に良いドリンクだというのが一番のメリットだと思います。

 

 

>>>コンブチャクレンズの公式サイトはこちら