ファスティングの置き換えに人気のあるダイエット酵素飲料のコンブチャクレンズ!

 

副作用はあるのでしょうか?

 

調べていきたいと思います。

 

 

コンブチャクレンズに副作用はあるのか

 

コンブチャクレンズは、ファスティングの置き換えに使用するのがいいということですね。

 

また、コンブチャクレンズはデトックス効果が高いんですね。

 

2つのプレミアム酵母菌と220種類の酵素が入っているからですね。

 

それで、おなかの調子が変化することがあります。

 

下痢になったり、便がゆるくなったりすることはあると思います。

 

これが副作用と思われる人もいるかもしれませんね。

 

この時、副作用と勘違いされやすいのが好転反応です。

 

好転反応というのは、ファスティングで体の中の老廃物が排出され、体が変化しつつあるというものだそうです。

 

どんな変化が起こるかというと頭痛、吐き気、下痢、便秘、ニキビ、倦怠感などで、個人差や体質の差があるのでその人に必ず起こるかというとそうではありません。

 

また全くこれらの変化が起こらない人もいます。

 

原因としては、ファスティングという行為そのものだそうで、一時的にこのような変化が起こることがあるそうなんです。

 

これらの変化は体の中から浄化されて、良い状態になって行っている時に起こるのでいい変化ですね。

 

副作用というより、コンブチャクレンズを飲んでファスティングをするときのごく自然な症状だと思います。

 

 

コンブチャクレンズを飲んで副作用が起きた時の対処法

 

ファスティングをして、副作用のような症状(頭痛や吐き気、倦怠感、ニキビ、下痢、便秘など)が起きたときには、水を飲むことが大事だそうです。

 

1日に2〜3リットルの水を飲むといいそうです。

 

またファスティングの際には、塩分が足りなくなり頭痛が起きることもあるというので、味噌汁を飲んだり、梅干しを食べたりすることもいいですね。

 

きっと症状もおさまってくると思います。

 

そもそも、ファスティングやダイエットは、体調がいい時に行わないと、体をこわしてしまうことになりかねません。

 

また、食物アレルギーの人は気を付けないといけないですね。

 

コンブチャクレンズには、たくさんの食物が配合されています。

 

アレルギーのある人は控えるようにしましょう。

 

 

>>>コンブチャクレンズの公式サイトはこちら